王子稲荷神社 | 東国三十三国稲荷総司伝承
王子稲荷神社タイトル

本文要旨

観光名所としての王子稲荷神社は古来「東国三十三国稲荷総司」との伝承があったと北区教育 委員会の研究が明かしたのであるから、もう王子稲荷神社説明にはこの古民話に基づかない「関東八州稲荷総司」との辞典など の伝聞はふさわしくない。王子文化の立て直しが重要となっている。

地元の王子神社、王子稲荷神社、両社の歴史、伝承文化、
芸能についての書き込みがあります。

こちらへもどうぞ
.....入室.....
王子座伝承館

観光名所・王子稲荷神社概要

古代にはここ王子稲荷神社の地は古東京湾の浪打際であったとされる。
王子駅の北西に歩いて5分ほど。境内に大銀杏が参詣客を迎える。

古くは、岸稲荷と称し、創祀年代がわからないほどの古社で、 門の石柱に「康平(平安時代)年中、源頼義、奥州追討のみぎり、深く当社を信仰し、関東稲荷総司と崇む」とある。
石階段は左に女階段、右に男階段が平行し、上った正面に彩色華やかな社殿がある。
関東稲荷総司、と中世より伝わる「関東」の意味は「東国三十三国」



を指し、遠く東北まで含む稲荷の総元締めを自認してきた由緒ある神社。

秋田の招福稲荷神社はここを本宮と仰ぐ。→ 招福狐の行列

王子稲荷神社自体の年間行事とは別に、近在の人々によって王子稲荷文化の伝承行事がおこなわれている。 毎年、大晦日の夜に、近くの「装束稲荷」から「 王子 狐の行列 」 の除夜詣で行事、また、9月には 命と食の安心祈願の「 王子 きつねの穂立て祭り 」行事が王子白狐衆と王子稲荷隣接小学校児童有志と保護者有志によって行われている。

元亨二年(1322年)領主豊島氏が紀州熊野「若一(にゃくいち)王子神」を勧請したことにより 「 王子 」 地名の元となる兄弟社の王子神社とともに当社も王子稲荷神社と称されるようになった。

--------------------------------------------
[ 王子稲荷神社由緒記 ] 抜粋
御祭神は、「稲荷大明神」と称え奉る衣食住の祖神。 小田原北条氏が深く尊崇し、二百石を与え朱印状を寄せていた。

江戸時代にもそれは引き継がれ、徳川将軍家の祈願所と定められて栄えた。 代々の将軍の崇敬はきわめて篤く、社参は勿論、三代将軍家光公は、寛永十一年に社殿を造営し 諸具一式を寄進し、五代将軍綱吉公は元禄十六年に、十代将軍家治公は天明二年に、それぞれ修繕を寄進、 十一代将軍家斉公は文政五年に社殿を新規再建した。

当社へは遠方よりの参拝者が多く、諸方の街道筋に「王子いなりみち」という標石や、奉納石灯籠が建てられ、 参詣人の道しるべとなっていた。また、飛鳥山の桜の花見をかねての行楽客もあり、かつては、門前には茶店、 料理屋等が軒を連ねていた。

--------------------------------------------

王子稲荷社=若一王子縁起絵巻絵
王子稲荷社=東国三十三国稲荷総司

参考WEB ・ ウィキペディア・「 王子稲荷神社 」
『 ---「 東国三十三国 」 の稲荷の頭領 というのが正しい伝承である。--- 』

王子稲荷社=広重絵
王子稲荷絵(部分)
東京都北区岸町1−12−26

御祭神
宇迦之御魂神 (うかのみたま)、 宇氣母智之神 (うけもちのかみ)、 和久産巣日神(わくむすび



東京都北区岸町の王子稲荷神社は平安期に「東国三十三国」を指す「関東」稲荷総司と呼ばれた。
多くの人はここに言う「関東」をいまだに「関東地方」と思い誤っている。

「 東国三十三か国稲荷総社 」 の古伝承・経緯、その確証

王子稲荷界隈は後醍醐帝の時期に王子と称する以前は岸村と呼ばれていた。古東京湾が王子稲荷近くまで入りこんでいた時代 に付けられた名かも知れないが、だとするとこの関東ローム層の台地の下の地域はどこもみな岸村と 名付いてしかるべきものとなってしまうだろうにもかかわらず、ここだけが岸と言われてきた。私見になるが、 もしや交易地として岸だったのではないか、と思ってしまう。近在の中で王子稲荷の概念的な大きさはそれを 示しているのではないだろうか。

その「岸村」の平安時代に東征の源頼義が「岸」稲荷に立ち寄って「こちらを関東稲荷の 総司として崇めたてまつる」と述べたと伝わってきたが、そうした「岸」稲荷の大いさが頼義に立ち寄らせて 口上させた要因の一つだったのではないだろうか。

後述するが、「岸」稲荷はこれ、つまりこの時の「関東」文言、を当時の地理概念のままに「 東国三十三か国 」として、以降 ずっと数百年にわたり「 東国三十三か国稲荷の総司 」 を自認伝承し来った。

後醍醐帝の時期以降、王子の地名となってからもその伝承に変化は無かった。
つまり、東国33ケ国(東海道の15国、東山道の11国、北陸道の7国) の稲荷社の頭領を自認した時よりずっと狐火がここ王子の地の王子稲荷にむかって集まって来る、との民話伝承を800年以上にわたり保持 し続けたわけである。 江戸時代の初期、すなわち、寛永年間の徳川家光政権が「若一王子縁起(にゃくいちおうじえんぎ)」編纂に向けて 王子の狐火調査を行った記録が残るが、この絵巻の王子稲荷の項に「三拾三ケ国の狐稲荷の社へ火を燈し来る図なり」との付箋がつけられた。

それとともに、王子稲荷は「東国三十三か国稲荷総司」の扁額をかかげ、またそのむねの幟をたてて東国稲荷の棟梁たるを自認していた。


を経て寛政の時代、東京都北区教育委員会が研究で、幕府役人が調査 書に『東国総司と称し候』(王子稲荷が東国総司と申しております)との報告をしていたことを確認した。
幕府は全国の治安引き締め策から王子稲荷を調査したがこの時、寺社奉行松平輝和は老中松平定信に 「王子稲荷額文字之儀ニ付、金輪寺相糾候申上候書付」で始まる文書を進達した。そこには『東国総司と称し候』との文言が 記載されていたのだ。




すなわち、ひろく思い込まれている王子稲荷の「関東八州稲荷総司」との変説は近世の寛政時期以降の比較的新しい説明であって 古くからの伝承ではないということが明らかとなった。
今後は王子稲荷を東国三十三か国稲荷の総司伝承のなかでみていくことが重要となる。

資料

団十郎絵

文政年間、七代目市川団十郎の一行が雪の中、当時の観光名所・王子の稲荷に
参詣に来た時の様子を描いた五渡亭(歌川)国貞絵。


子稲荷神社のさらに裏手の高みに、守護の白狐を祭る「白狐神社」があった証拠の絵として貴重。今は無い。 土地の者から「びゃっこ様」と親われる崇敬を得ていた。いまでもそう呼んだとお年寄りが伝える(石鍋老)。
白狐の社絵

白狐の社
手前が白狐の社(鳥居しか描かれていない。)武士が鳥居下に立たずむ。
黒衣の町人風が石段を上がってきた。 左下側に稲荷の屋根が見える。
(浮世絵特徴の誇張で描かれてある。実際には王子稲荷の崖上のきわめて狭い土地に建つ)
2014年現在、社屋は無く石鳥居のみ残り草に覆われている。「天保三年」との刻みある遺構石が横たわる。

天保三年遺構石

宝には、渡辺綱という武将により切り取られた腕を鬼女が取り返しにきて逃げる場面を描いた柴田是真の描いた「茨木」の扁額がある。
天保年代、商権回復運動をしていた砂糖問屋組合が奉納したもの。
北区刊

茨木(鬼女の図)
荷坂を隔てた丘の上にはまた、創生年代不詳の「カメ山神社」がかつてあり、 普通、亀山と表記されるがそこは弥生期の竪穴住居跡の出土もあったので元は甕(カメ)山だったのかも知れない。

在の王子稲荷神社は、昔と変わらず、初午、二ノ午、三ノ午に「火防せの凧」を求める善男善女が万を数える人出で賑わう。

大晦日から元旦の早暁にかけては恒例の狐行列があり数千人のギャラリーが集る賑わいとなる。
晩夏の王子にももう一つの狐行列が行われるようになった。


日ごろはまた、歴史を楽しむ諸団体の人々が軽リュック姿でこのあたりを散策するのが王子の日常の光景ともなっている。


@33koku論稿ホームページ集

■ 東京都北区指定無形民俗文化財・王子田楽 、HP王子田楽「祭りの花笠」
■ 王子稲荷神社
■ 王子の狐物語(狐参集) 正しい王子の歴史のために
■ 王子の狐の歴史、 東国三十三ケ国の狐が王子に集合
■ 王子の狐、広重「王子装束ゑの木大晦日の狐火」の絵の不思議
■ 大晦日、王子・狐の行列 ...【第15回〜第20回】アーカイブ
■ 9月「王子、きつねの穂立て祭り」
■ 王子 狐の行列2011.12.31〜2012.1.1 夢絵巻! Saikawa写真集・第19回 行列
■ 王子の狐参集 紹介サイトリンク
■ 画像掲示板 ( 王子の里伝承観光舎 )
■ 白狐衆と王子狐行列..... 『 白狐衆 』 の動画
■ 王子の里伝承観光舎ブログ
■ 王子田楽のおこなわれる王子神社(旧称・若一王子宮、王子権現)の歴史を考える。
■ 「 白きつね台地 」考。
■ どんちゃんの 田楽と狐の報告

・ 広重の版画絵「王子装束ゑの木大晦日王子の狐火」のナゾ
・ 作られてしまった面白くないふるさとの歴史=王子のとんでもない伝承
・ 中世修験道の思想が見える王子田楽
・ 中世豊嶋氏の最大勢力時の統治エリア
・ 王子神社(旧称・若一王子宮、王子権現)の歴史のこと
・ JR王子駅まわり
・ 王子神社の魔除け田楽

・ 王子ささらばやし、の誕生 ( 北区指定無形民俗文化財保持団体・王子田楽衆、および 王子白狐衆、の母体 )
gooブログ:( 別掲 )

動画
王子稲荷神社きつね踊り・初午 2015年2月11日 Youtube

2014.10創作「きつね踊り La♪Fox」



筆者 @33koku ツイッター
メール kotkot@hotmail.co.jp

王子きつね踊り・王子稲荷狐火伝承会 @33kokuFox) ツイッターマーク
https://twitter.com/33kokuFox

王子の白きつねkotkot。かかわること、王子1000年の古伝承事業 @ 北区指定無形民俗文化財・王子田楽 A 王子稲荷神社狐火の古伝承

2014.10.28 @33kokuFox 王子稲荷の別当寺の旧・金輪寺が護り伝えたものは庶民には結果として三十三か国より王子への狐参集という文化だった。そしてここからは私の勝手な解釈。王子稲荷は江戸で一番人気のお稲荷さんになった。広重はその王子稲荷が幕府権力で小さく閉じ込められたのを見て稲荷から狐解放の浮世絵を描いた。

2014.10.28 @33kokuFox 広重が、王子稲荷が幕府権力で小さく閉じ込められたのを見て稲荷から狐解放の浮世絵を描いた、と解釈すると「王子装束ゑの木大晦日の狐火」がどうして王子稲荷の門前の茶屋の間を通って大榎に向かって押し出してくる絵なのかが私には納得できる。狐たちは大榎の下で新たな世を談合している、と見える。

推奨WEB

狐火伝説 < 広重「王子装束ゑの木大晦日の狐火」の不思議 >

王子の狐の歴史 | 東国三十三ケ国の狐が王子に集合

「王子の狐の行列」その王子狐民話の移り変り

特集 | 王子稲荷神社は、東国33国の総社

神道系稲荷のキツネ-2

北区探訪E - フクシメディカルグループ Official Web Site ...北区探訪E 王子稲荷神社

スヌスムムリクの新徒然草: 王子稲荷神社(東京都北区)

東国三十三ケ国狐火|あ や し い 書 簡 箋

日本の浮世絵: - Google ブック検索結果

王子稲荷神社 | 神社と御朱印

Google Earthで街並散歩(江戸編)

名所江戸百景134 第118景 王子装束ゑの木大晦日の狐火 ..くまドン旅日記.

Journey To The End: 王子界隈を歩いてみた -1 王子稲荷と ...

凧市(王子稲荷神社) 東京のいいやん/ウェブリブログ

王子稲荷神社|城北信金|都電各駅停車の旅|王子駅前

第118景 王子装束ゑの木大晦日の狐火|広重 Hiroshige 「名所江戸百景」 時空map 

王子稲荷神社|城北信金|都電各駅停車の旅|王子駅前

王子稲荷神社 -北区-|SAKAKI 神社備忘録 -朱印と神紋-

王子稲荷は有名ですね・・・。 : Dr.MINO人生放談

落語「王子の狐」の舞台を歩く

王子神社の狛狐たち:わたしのあしあと:So-netブログ

王子稲荷神社 / 史跡・旧跡・公園・庭園


33kokuの
王子稲荷神社 「 三十三か国稲荷総司 」 = 「 東国稲荷総司 」 伝承継承活動の記録。
昭和 58 年、33kokuの「 王子ささらばやし会 」 が王子神社 ( 東京都北区王子本町1丁目1-12 旧王子権現社 ) の 王子田楽 復興、北区より無形民俗文化財指定。
北区が昭和 63 年 「 若一王子縁起 」 絵巻本刊行、 中で澤登寛聡氏が寺社奉行王子稲荷調査進達書に王子稲荷神社が 「 東国総司と称し候 」 句を発見報告。
同年、同句の王子の歴史文化上での重大さに鑑み、33koku 「 王子稲荷東国稲荷総司 」 伝承活動開始、今日に及ぶ。
現今の展開 ===
ご理解いただいた方々によりWEB上で王子稲荷神社の正しい紹介記述が続々採用されてきています。 ご協力のみなさまに厚く厚く御礼申し上げます。

王子の里伝承観光舎、代表、澤田和狐氏 コメント、2014.10.22
王子は稲荷神社の天井に描かれた龍に修験の霊場だったのを納得。 修験霊場羽黒三山にも東国33国の記録がありあちらは神社総体の総司としてありました。日本独自の文明として東国33国が 和の心を継承していたのでしょう。33kokuさんの王子稲荷東国稲荷総司古伝承追及の執念を応援しています。 



より大きな地図で 王子稲荷神社 を表示


王子いなり道散策図...クリック拡大します
王子いなり道散策図


#王子稲荷,#王子稲荷神社,#観光,#名所,#王子,稲荷,#神社,#東国,#三十三か国, #伝承,#狐,#狐火,#王子田楽,

inserted by FC2 system